1. HOME
  2. ブログ
  3. 健康とスタイル維持の為に知っておくべきこと

健康とスタイル維持の為に知っておくべきこと

ダイエットをする方の目的は何でしょうか?

多くの方の目的は邪魔な脂肪を取り除くことやスタイルや見た目をよくすることだと思います。

体重は食べたり飲んだりしなければ簡単に落ちていきます。一日食事制限し体重計に乗ったら、当然ですが痩せています。しかしスタイルに大きな変化はあまりありません。そして食事をしっかり取れば体重はあっという間に元通りにもなります。つまり体重の数字を追うことはあまり指標としてはあまり良くないのです。

大事な事は体重が減ることでなく余分な脂肪を落ちることです。

この脂肪の量は体脂肪計で測ることができます。つまり体脂肪率を指標にするとスタイルと見た目に変化が起こって行きます。

人間の脂肪は1kg消費するのに必要なエネルギーは、約7,200kcal となります。 1カ月で1kgの脂肪を減らす為に、1日あたり約240kcal消費が必要です。毎日240kcal分のエネルギーを多く消費するか、もしくは摂取を抑えられれば1カ月で1kgの脂肪が減ります。

たまに1ヶ月で10kgに痩せた方などいますがそれは本当に余分な脂肪が減ったのでしょうか?
10kgの脂肪を燃焼させるには72,000kcal必要になります。つまり一日2,400kcal減らせば良いのです。成人の摂取カロリー目安が1,800~2,200kcalなので1か月何も食べず、さらに毎日ジョギングを15分~20分(約200kcal)すれば体に溜まった10kgの脂肪が落とせる計算となります。

これは理論的に無理なので、1か月で10kg体重を落とした人は、脂肪だけでなく大事な体の中にある水分量、筋肉量、骨量なども減らしている可能性が非常に高いです。

・筋肉量が低下すると、体を支えることができなくなり姿勢やスタイルは悪くなります。

・水分量が低下すると身体の循環機能が低下し肌の潤いやハリがなくなってしまいます。

・骨量が低下すると、骨が弱くなり骨粗しょう症になりやすくなります。

美と健康を維持しながら体を変えて行くには、体脂肪の数値を目標にした方が良いのです。

 

もし運動をしてるのになかなか体脂肪率が減らない方は、日々行っている運動が脂肪を減らすに至っていない可能性もあります。

目安としては、運動後にトイレに行きたくならない場合は脂肪を減らす運動になっていない可能性が高いです。

脂肪がエネルギーとして使われた時は、体の中で水と二酸化炭素が排出されます。つまり運動後や運動中にトイレに行きたくなったら効率的に脂肪を使えていた可能性が高いのです。反対に運動後にあまりトイレに行きたくならなければ脂肪燃焼には効果のない運動だったのかもしれません。

ダイエット中の方は、一つの目安として確認してみてください。

イケモミの恋人感覚マッサージでは、普段あまり使われない筋肉も刺激され、滞っていた身体の循環が変わっていきます。循環が良くなるとそれぞれの機能が活発になり、基礎代謝量も増えていきます。身体の中から状態を整えていくのにオススメです☆


【代々木店】JR代々木駅(東口)
東京都 渋谷区千駄ヶ谷5-23-3飯塚ビル301

代々木店Googleマップ


【西新宿店】東京メトロ丸ノ内線/西新宿駅(東京ヒルトン方面)
東京都 新宿区西新宿6-12-16

西新宿店Googleマップ


【出張・自宅】
ご指定の場所にセラピストが出張致します


【年中無休/24h利用可能】

受付時間10:00〜25:00

ご予約・お問合せ

お客様からのご予約お待ちしています。

 

関連記事

カテゴリー